パソコンや周辺デジタル機器のレビューと検証

パソコンやデジタル周辺機器・デジカメ・動画撮影編集レビューとトラブル解決と検証サイト。解決できずに放置も多々ありです!

<< ノートンインターネットセキュリティの契約更新 | main | エプソンダイレクトのパソコン・修理・サポートの感想と結論 >>
エプソンダイレクトEndeavor MR6900を買いました

エプソンダイレクトMR6900
自宅で使っていたメインPC、
ウインドウズXPで動作している『エプソンダイレクトMR4000』は
職場にまわすことにして自宅メインPCとして
『エプソンダイレクトEndeavor MR6900』を買いました。

OSはWindows7Professional 64bit。
インテルR Core i7-2600 プロセッサー (3.4GHz)
メモリーは8.0GB(4.0GB×4) PC3-10600 DDR3 SDRAM
ビデオカードはNVIDIAR GeForceR GTS 450 1GB
ハードディスクは500GB シリアルATA 300MB/s対応 7200rpmと
2TB シリアルATA 600MB/s対応 7200rpm
ドライブはスーパーマルチドライブ(DVD±R 2層書込)
値段は税込で151,387円でした。
今時のPCにしてはかなり高いです。

『エプソンダイレクトMR4000』はまだ修理から戻ってきません。
修理から戻り次第職場用のセッティングをする予定です。
MR4000の修理記事

3月13日にMR6900が到着したのですが仕事が忙しくて箱を開けることもできず、
16日に箱を開けてセッティングを始めました。

ウインドウズ7のPCをセッティングするのは4台目。
今までの3台は軽めのことしかしていなかったので
本格的にウインドウズ7のPCをセッティングしたり使ったりするのは初めてです。

メールのところでかなりつまずきました。
りぼんが大嫌いなので『Windows Live メール』は絶対に使いたくなかったので
考えていた候補のメールアプリは『Thunderbir』と『Shuriken』。

『Shuriken』を使いたかったのですが職場でのことや
取引先とのやり取りを考えて『Thunderbir』を使うことにしました。

ウインドウズXPで使っていた『MR4000』に『Thunderbir』をインストールして、
『Outlook Expressアウトルックエクスプレス』から
『Thunderbir』へ保存メールとアカウント情報を全て移行。

そして『MR4000』の
『C:¥Users¥ユーザ名¥AppData¥Roaming¥Thunderbird¥Profiles』内のデータを
『Thunderbir』をインストールしたウインドウズ7PCであるMR6900の
『C:¥Users¥ユーザ名¥AppData¥Roaming¥Thunderbird¥Profiles』へコピー。

これで受信メールとアカウントを移行することができましたが
メール受信時のパスワードだけはいこうされなかったので
最初の受信時にパスワードを入力して、
『パスワードを保存する』といった感じの部分に
チェックを入れる必要がありました。

こうやって書くとデータコピーだけなので簡単な作業なのですが
コピーしたデータを『MR6900』で読むことができず
2回か3回同じ作業を繰り返したのでかなり時間がかかってしまいました。
メールデータが数ギガと多かったのでかなり面倒でした。

そして最初メール受信時のパスワード入力は
20このメールアカウントを使っていた私には
かなり苦痛で時間がかかる作業でした。

あまりにも面倒だったので6このメールアカウントは使わないことにして
今後は14このメールアカウントを使っていくことにしました。

『Thunderbir』は見た目は『アウトルックエクスプレス』に
かなり似ていますが使い勝手や設定、スクロールの感触などがかなり違っていて、
使い始めて1週間経つ今もかなり違和感を感じていて使いにくいです。

『Thunderbir』から他のメールアプリに移行する場合は
今のところアカウント情報は直接移行できないことがほとんどのようなので
しばらくはこのまま我慢して使っていくしかないと思ってます。
慣れの問題で解決してくれることを願ってます。

メール以外にも何から何までセッティングには時間がかかってしまいました。
とにかくどこにどの設定があるのか、あるのかないのかも全然わからずで
ものすごく無駄に時間がかかってしまいました。
OSが変わるたびに設定方法などを変えていくデメリットは山盛りですが
メリットがどこにあるのか・・・私にはさっぱりわかりません。

『クイック起動ツールバー』の仕様変更がかなり使い勝手悪いです。
ウインドウズXPのパソコンを使っていた時は
スタートボタンのすぐ右側、画面の左端の方に
『クイック起動ツールバー』があり、『デスクトップの表示』や
よく使うアプリやフォルダのショートカットを配置していました。

ウインドウズ7のデフォルト設定では『クイック起動ツールバー』は表示されず、
『デスクトップの表示』ボタンは右端で固定、
手動で『ツールバー』を作って自由な場所に配置することができますが
アプリのショートカットは配置することができません。
できるのかもしれませんが今のところやり方はわからずです。

アプリのショートカットはスタートボタンのすぐ右に
普通に配置することができるので上手く組み合わせれば
XPの時と似た使い勝手を実現することができるのかもしれませんが
私はめんどくさいので早くも挫折して諦めちゃいました。

メインパソコン入れ替えと同時に外付けハードディスクの整理もしました。
250GBのハードディスク2つを容量不足のために捨てて、
1.5TBのハードディスクは壊れそうな気配があったので捨てる準備中。

保存したい動画データを1TBのハードディスク2つに
全く同じ内容を書き込みパソコンからはずして保存。

2TBのハードディスクを3こ買い足しました。

その結果、今の外付けハードディスクは2TBが4つと500GBが1つです。
全てのデータを2重化以上の状態にしてあります。

外付けハードディスクの買い足し、データの移動時にいろいろなことがありました。
詳細はまたゆっくり書こうと思ってます。


2012年4月7日追記更新

4GBのメモリ2つを増設しました。
8GBの状態から16GBの状態になりました。

メモリ増設時はグラフィックボードをはずし
ハードディスクの電源等の接続をはずさないと追加できませんでした。
写真を撮ろうと思っていた忘れてしまいました。

グラフィックボードをはずす時に
また『抜け防止ロック』を折ってしまいました。

特に問題なく動作していますが
体感できるメモリ増設効果は特にありません。

8GBでも十分なのをわかっていたのですが
メモリが安かったのどうしても増設したなってしまいました。


2012年4月12日追記更新
今日MR6900がMR4000の時と似た症状でフリーズしました。
ハードの問題ではなくインストールしてあるアプリが原因かもしれません。
MR6900とMR4000でにインストールされていて、
しかしMR4000修理時にはアンインストールされていたアプリ・・・
となると。。。動画編集アプリなのかもです。

また何かわかったことがあったら更新します。
| comments(0) | trackbacks(0) | [パソコン本体] エプソンダイレクト | TOP↑ |









トラックバック機能は終了しました。