パソコンや周辺デジタル機器のレビューと検証

パソコンやデジタル周辺機器・デジカメ・動画撮影編集レビューとトラブル解決と検証サイト。解決できずに放置も多々ありです!

Nikonニコンデジタル一眼レフD800レビュー
2013年4月29日更新
Nikonニコンデジタル一眼レフD800レビュー1

D3200で我慢するかD600を買うかD800を買うか迷いましたが
3月2日にD800を買いました。


Nikon デジタル一眼レフカメラ D800
258,800円


Nikon バッテリー EN-EL15
3,709円


Nikon リモートコード MC-30A
5,100円


Transcend 400倍速CFカード 32GB
4,263円


ベルボン カーボン三脚 GeoCarmagne N645M
37,200円

本体、予備バッテリー、リモートコード、コンパクトフラッシュ2つと
ベルボンのカーボン三脚を買いました。

購入してから2ヶ月近く経ちますがなかなか時間を作ることができず、
動画撮影は一度だけ、写真撮影も数回しかしていないので
まだ良い悪い、好き嫌いなどとレビューを書けるほど使っていませんが
気が付いたことがあるたびにレビューを少しずつ書き足していこうと思ってます。


ニコンD800で撮影した動画
レンズは『Ai AF Zoom Nikkor 28-105mm F3.5-4.5D(IF)』
MモードにてISO感度100、絞りF22、シャッタースピード1/60で撮影しました。

レンズはフイルムカメラであるF100を使っていた時の標準ズームです。
20年くらい前に発売されたレンズなので今時のレンズと比べると
かなり性能が落ちるレンズだと思いますが今のところ
レンズフードが不便な点以外は特に問題なく使えています。

このレンズの口径はD3200で常用していた
タムロン18-270mmF3.5-6.3と同じなので
同じ口径のNDフィルタを持っていたのですが
持っていくのを忘れてしまいました。
そのためにF22まで絞るはめになってしまいました。

忘れたというよりも動画機能にあまり期待していなかったので
動画撮影をする気は全くなく、レンズの口径を知ったのは
家に帰ってきてからでした。

この動画は撮るつもりなかったのですが
せっかく海に行ったのでD3200との違いを一応確認するために
適当に撮影しただけでした。

全く期待していなかったのですが。。。
ライブビュー状態でヒストグラムを見ながら
絞りなど全ての操作ができるので使い勝手がとても良いです。

逆にこれができないニコンの下位機種では
画質うんぬんの前に使い勝手が悪すぎで使う気になりません。

D3200では絞り値を変えるためにライブビューモードをオフにして
絞り値を変えて、またライブビューモードに戻って確認。
さらに絞り値を変えたい場合はまたライブビューモードをオフにして絞り値を変える。
この作業の繰り返しでした。

D800が素晴らしいのではなく下位機種がひどすぎるのですが
下位機種での操作方法が普通になっていた私にとっては
最高の使い勝手でした。
これならD3200の時よりもう少しまともな動画が撮れそうな気がします。

動画の質はD3200とは全然違いました。
D3200での海の動画はトーンがかなり汚かったです。
同じ場面をD3200で撮っていたら白く飛んでいる部分と
トーンが残っている部分がまだらな感じになっていたと思います。

一度だけ撮影した海の写真では白飛び寸前部分とのトーンのつながりや
砂浜と波の質感の良さを感じる程度でしたがしっかりと撮影をすれば
噂に聞いていたデジタル一眼レフの質感の凄さを
感じることができる動画を撮影できそうな気がしました。

D3200の時は全くそんな気配を感じませんでした。
D3200のレビュー記事

海や夜景、夕日が沈む風景などの動画を撮ってレビュー記事を書こうと思ってます。

画像は評価できるようなものが全く無いのですが解像度の高さには驚きました。

NikonニコンD800で撮影した画像
クリックすると大きな画像が開きます。

この画像は撮った写真を横1000ピクセル、縦750ピクセルにリサイズした画像です。
この画像の中央の黄色い看板付近をほぼ等倍で
横1000ピクセル、縦750で切り取ったのか下の写真です。

NikonニコンD800で撮影した画像
クリックすると大きな画像が開きます。

切り取っただけでアンシャープマスクなどはかけていません。
それでもこれだけ文字がしっかりと見ることができます。
WEB上の記事などで噂は聞いていましたが想像以上の解像度で驚きました。


2013年5月6日更新
Nikonニコンデジタル一眼レフD800レビュー2

ゴールデンウィーク中に海に行く機会があったので
NDフィルタを持ってD800で動画撮影をしてきました。


ISO感度100、絞りF8、シャッタースピード1/60で撮影した動画


ISO感度100、絞りF8、シャッタースピード1/60で撮影した動画

今回もD800にレンズは『Ai AF Zoom Nikkor 28-105mm F3.5-4.5D(IF)』、
MモードにてISO感度100、絞りF8、シャッタースピード1/60で撮影しました。
3段分落とすNDフィルタを持っていったのでちょうど良い絞り値と
シャッタースピードで撮影することができました。

撮れた動画は偽色まみれの動画でした。
海から陸に向かって風が吹いていたので
海面は小さなさざ波が立っている状態でした。

その小さなさざ波に盛大に偽色が発生してしまいました。
アップしたYouTubeの動画はかなり解像度が落ちてしまい
ぼやけた状態になっているので偽色が目立ちませんが
元動画は二度とD800で動画撮影をしたくなくなるくらい
偽色がまみれの動画になってしまってます。

右クリックをして『名前を付けてリンク先を保存』をクリックすると
元動画を保存することができます。
D800の元動画データ

『TMPGEnc Video Mastering Works 5』のノイズ除去フィルタを使うと
偽色はほとんどなくなりますがかなりぼやけた感じになり
色が全体的に少し黄色っぽい感じになってしまいました。

今は動画のノイズ除去に関しての知識が全く無いので
少し勉強してからまたレビューを書きたいと思ってます。

Share (facebook)
| comments(0) | - | [デジタルカメラ・ビデオ] デジタル一眼レフ | TOP↑ |