パソコンや周辺デジタル機器のレビューと検証

パソコンやデジタル周辺機器・デジカメ・動画撮影編集レビューとトラブル解決と検証サイト。解決できずに放置も多々ありです!

Firefoxファイヤーフォックスの起動も終了も遅くなった時の改善方法2
以前にFirefoxファイヤーフォックスの起動も終了も遅くなった時の
改善方法の記事を書きました。

『places.sqlite』ファイルをVACUUMすることで
Firefoxファイヤーフォックスの起動時間を
短くすることができるという方法の記事です。
Firefoxファイヤーフォックスの起動も終了も遅くなった時の改善方法

最悪の遅さだった状態からかなり良い状態に戻りましたが
使っている間にすぐに元の遅い状態に戻ってしまいました。

イライラするので他の改善方法を調べてみました。
『places.sqlite』ファイルは履歴を管理してるファイルのようです。
このファイルを一度削除することで閲覧履歴は消えてしまいますが
起動時間が劇的に改善します。

『places.sqlite』ファイルを削除しただけでは
時間が経つに連れ『places.sqlite』ファイルが巨大化してしまい
また同じ状態に戻ってしまいます。

『places.sqlite』ファイルを削除した後に設定変更をすることにより
『places.sqlite』ファイルの巨大化を抑制することが可能です。


『places.sqlite』ファイル削除と設定変更方法

1 Firefoxファイヤーフォックスのブックマークのバックアップ

念のために一番最初にブックマークのバックアップをとります。
ブックマークのバックアップ方法は『ブックマーク』をクリックして
『ブックマークの管理』をクリックして
『インポートとバックアップ』をクリックして
『バックアップ』をクリックして『保存』をクリックください。


2 『places.sqlite』ファイルの削除

下記の場所にある『places.sqlite』ファイルを削除してください。
C:¥Documents and Settings¥ユーザー名¥Application Data
¥Mozilla¥Firefox¥Profiles¥任意の文字列.default


3 『places.sqlite』巨大化抑制の設定

Firefoxファイヤーフォックスの履歴情報の保持日数の設定を変更します。

Firefoxファイヤーフォックス内の『ツール』の中の『オプション』の中の
『プライバシー』の『履歴』で設定をすることができるのは
少なくても何日分を保持するかの設定です。
ここで設定した日数を過ぎて履歴が削除されるわけではないのです。

最長保持日数の設定を変更するには下記の設定が必要になります。
アドレスに下記の文字を入力して『ENTER』を押してください。
about:config



初期設定は下記のようになっています。
browser.history_expire_days_min : 90日
少なくても90日分を保持する設定。

browser.history_expire_days : 180日
最長保持日数を180日とする設定。

browser.history_expire_sites : 40000
最大履歴数を40,000ページとする設定。

人によって適正設定は変わってきますが私のオススメ設定は下記の通りです。
browser.history_expire_days_min : 30日
browser.history_expire_days : 30日
browser.history_expire_sites : 20000

この設定でしばらく様子を見て不都合があった時は
少し設定をいじるのが良いと思います。


ブログランキングに登録してます!
モチベーションの元になってますので
ぜひぜひクリックをお願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 PC家電ブログへ ブログランキング【くつろぐ】

上海問屋 大引屋
メモリーなどPC用品を買うならこのお店!私のオススメ店です!
| comments(0) | trackbacks(0) | [ソフトウエア] Firefoxファイヤーフォックス | TOP↑ |